大和證券の海外ネットワークを利用したワールドプライム

 

大和證券のワールドプライム

大和證券は、1959年に投資信託委託株式会社として設立しました。

 

株式投資信託、公社債投資信託のいずれの分野においても、幅広い商品を扱っており、わが国でもトップクラスの運用資産規模を築いています。

 

その他大和證券グループ本社の傘下には、大和證券、大和証券SMBC、大和総研があり、そしてアメリカ・ヨーロッパ・シンガポール・ホンコンの4箇所に、海外現地法人があります。

 

その海外ネットワークを利用して多くの投資信託を扱っているようです。

 

その大和證券が取り扱ってる投資信託の商品の中でも一番人気が高いのは「ダイワ世界債権ファンド」通称ワールドプライムというファンドです。

 

大きな特色としては、米ドル、カナダドル、豪ドル、ユーロ等、英ポンド、北欧、東欧の各通貨建ての公社債等に均等に投資することを目標にしています。 また、安定した収益の確保および信託財産の着実な成長を目指した運用を行なうという投資信託です。

 

人気のポイントは、

 

  • 原則として毎月分配金を受け取る事が期待出来る
  • 海外の債権に投資するので日本に比べ高金利が期待出来る
  • 通貨分散する事によりリスクの低減が期待出来る

 

また、この投資信託は、16期決算から1万口当たりの分配金は順調に上がっています。

 

大和證券では、その他にも毎月分配型や資産分散型の投資信託が数多く有ります。投資信託ではそういう商品が人気の上位を占めています。


 

お探しの情報はありましたか?

大和證券の「ダイワ世界債権ファンド」通称ワールドプライム関連ページ

野村證券
野村証券の「ノムラ・ファンド・ユニバース」はファンドアナリストが、投資信託の評価、品質管理を常に行っているというものです。
愛称ブンさん
大和投資信託が運用している愛称ブンさんと呼ばれている投資信託は、りそな・世界資産分散ファンドの事をいいます。
フィデリティ日本小株型
国内株式型のファンドの中で一番基準価格が高いのはフィデリティ運用会社で扱うファンド「フィデリティ・日本小株型・ファンド」といわれています。