野村證券「ノムラ・ファンド・ユニバース」は厳選された投資信託だけを集めた

 

ノムラ・ファンド・ユニバース

野村證券は、厳選された投資信託だけを集めて「ノムラ・ファンド・ユニバース」という投資信託を作りました。

 

野村証券の「ノムラ・ファンド・ユニバース」では、経験豊富なファンドアナリストが、約200項目にわたる詳細な調査を行い、投資信託の評価、品質管理を常に行っているというものです。

 

野村證券が運用力について厳しく精査した品質が高いと考えられるファンドは、新たに募集が行われたのが、ノムラ・ファンド・ユニバース。

 

また、継続して募集が行われている投資信託についても、ファンドの運用や情報開示を継続的にモニタリングしています。

 

運用資産の種類、市場環境等によって、投資信託の収益率(投資された資金)は大きく変動します。投資信託では収益率の変動性をリスクといいます。

 

「ノムラ・ファンド・ユニバース」では、このリスクの大きさと投資手法により、「元本重視型」「利回追求型」「積極運用型」「絶対収益追求型」の4タイプに分類しています。

 

元本重視型

 

「元本重視型」は元本の安定性に配慮し、安定した収益の確保を目標として運用を行う投資信託です。

 

利回り追求型

 

「利回り追求型」は利回りの向上を目標として運用する投資信託です。「元本重視型」よりも、収益率の変動性、つまり、ファンド(投資信託)の値動きは少し大きくなります。

 

積極運用型

 

「積極運用型」は値上り益の追求及び分配金の支払いを目標として積極的な運用をします。投資対象としている市場全体と同程度、それを上回る収益の獲得を目指します。 市場が大きく上下動する局面においては、収益率の変動性が大きく、利回り追求型よりも利益や損失が大きくなる可能性が高いファンドになります。

 

絶対収益追求型

 

「絶対収益追求型」は市場の動向に関わらず、収益を追求することを目標として積極的に運用します。高度な運用技術を駆使し、市場の動きに連動させることなく、収益の獲得を目指します。

 

投資成果の大部分を運用者の運用力に依存するため、投資判断の成否次第では、収益率は大きく変動し、結果として利回追求型よりも利益や損失が大きくなる可能性が高い投資信託です。

 


 

お探しの情報はありましたか?

野村證券の「ノムラ・ファンド・ユニバース」関連ページ

大和證券
大和證券は株式投資信託、公社債投資信託のいずれの分野においても、幅広い商品を扱っており、わが国でもトップクラスの運用資産規模を築いています。
愛称ブンさん
大和投資信託が運用している愛称ブンさんと呼ばれている投資信託は、りそな・世界資産分散ファンドの事をいいます。
フィデリティ日本小株型
国内株式型のファンドの中で一番基準価格が高いのはフィデリティ運用会社で扱うファンド「フィデリティ・日本小株型・ファンド」といわれています。