大和投資信託ブンさんは「分散型投資投資」

 

大和投資信託のブンさん

投資信託の「ブンさん」は、ブンさんの名前の通り、分散型投資投資です。愛称もユニークですがパンフレットもユニークです。

 

投資信託のブンさんは、マザーファンドを通じて、海外の公社債、不動産投資信託証券及び株式にそれぞれ3分の1ずつを目安に投資しています。

 

このブンさんは、安定的な配当等収益の確保と値上がり益の獲得により、信託財産の中長期的な成長を目指して運用をしています。

 

投資信託「ブンさん」の特徴

 

ブンさんは、外貨建資産については、為替ヘッジを行っていません。
多くの場合、投資信託では為替変動リスクを回避するための為替ヘッジとされていますが、円という通貨一本で運用することそのものが、高いリスクを持っているのです。

 

従って、為替ヘッジを行わないことで通貨も分散運用することになりますので、投資信託のブンさんの運用は、賢い投資方法なのかもしれません。

 

ブンさんシリーズは信託報酬の一部を社会的団体へ寄付

 

投資信託のブンさんには、ブンさんシリーズがあり、大江戸ブンさん、埼玉ブンさん、多摩ブンさん、はまのブンさん、りそちゅーブンさん、京・近江ブンさん、上方ブンさん、ひょうご元気ブンさん などがあります。

 

これらのブンさんシリーズはマザーファンドを通じて、国内の株式、海外の公社債及び不動産投資信託証券に、投資する運用方針に違いはありません。

 

ただ、国内株式については、主に各地方企業の株式に投資し、販売会社は信託報酬の一部を社会的課題に取組む団体等へ寄付することで、地域の発展に貢献することを目的にするユニークなものなのです。


 

お探しの情報はありましたか?

大和投資信託が運用している愛称ブンさん関連ページ

大和證券
大和證券は株式投資信託、公社債投資信託のいずれの分野においても、幅広い商品を扱っており、わが国でもトップクラスの運用資産規模を築いています。
野村證券
野村証券の「ノムラ・ファンド・ユニバース」はファンドアナリストが、投資信託の評価、品質管理を常に行っているというものです。
フィデリティ日本小株型
国内株式型のファンドの中で一番基準価格が高いのはフィデリティ運用会社で扱うファンド「フィデリティ・日本小株型・ファンド」といわれています。