グローバルソブリンオープンの魅力

 

グローバルソブリンオープン

投資信託は数多くありますが、最近、最も人気が高く、純資産残高もトップを記録し続けているのが、「グローバルソブリンオープン」です。

 

グローバルソブリンオープンは、平成9年にスタートした分配型投資信託です。毎月分配型ファンド人気の先駆けとなった投資信託といっても過言ではないでしょう。

 

このグローバルソブリンオープンは、マザーファンド受益証券を通じて、世界主要先進国のソブリン債券に分散投資を行い、そこから得た収益を投資家に分配しているのです。

 

グローバルソブリンオープンは、格付けA格以上の国に投資を行い、安定と安全性という目的のもとで運営されるので、とても人気があるのです。

 

また、グローバルソブリンオープンの人気は、もうひとつの理由として挙げられるのが分配金です。2001年1月以降、4年半以上も 40円配当を続けています。

 

ブローバルソブリンは、比較的、高年齢層に人気の商品ですが、知名度が上がるにつれて、20代、30代といった若い世代の注目も集めています。

 

【グローバルソブリンの問題点】

 

1.運用手数料が高い。

 

2.運用が上手ではない。 (利回りがマイナス。基準価額が下がらないのは人気があるため)

 

3.基準価額、高配当をキープしていたものの要因がなくなった場合 (円安傾向などがとまると基準価額の下落を招く)

 

これらのことを考慮し、グローバルソブリンが、自分に合っているか、よく考えて投資信託を購入しましょう。


 

お探しの情報はありましたか?

投資信託グローバルソブリンオープンの魅力と問題点関連ページ

ハッピークローバー
投資信託の中にDIAM高格付インカムオープンという商品があります。愛称はハッピークローバーと呼ばれていて、銀行や証券会社、保険会社もこの商品を扱っています。
VISTAというファンド
VISTAはマザーファンドを通じて、主にベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコアルゼンチン)諸国の関連株式等に投資します。
ピクテというファンド
ピクテの投資信託とは、世界の公益企業を投資対象としています。正式には、ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドいい毎月分配型ファンドです。
ファンドオブファンズ
ファンドオブファンズとは「投資信託に投資する投資信託」という意味になります。その投資先の投資信託が株式や債権などに投資しているのです。