ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド毎月分配型ファンド

 

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは毎月分配型ファンド

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは、毎月分配型ファンドで、特徴としては、

 

  • 投資対象は世界の高配当利回りの公益株
  • 特定の銘柄や国に集中でずに分散投資
  • 毎月分配。(原則として毎月10日に決算)

 

ピクテは、電気、ガス、水道などの公益企業に投資をしているので、高い配当や、倒産の可能性が低いことがメリットです。

 

しかし、デメリットとして、購入手数料が高いということと、投資対象が株式のみなのです。

 

【ピクテ銀行の歴史】

 

ピクテ銀行は1805年にスイス・ジュネーブでヨーロッパの富裕層を対象にした資産運用・保全のサービスを行う銀行として誕生しました。

 

それ以来、200年にわたって、世界中に資産運用のサービスを提供している歴史ある会社です。
日本では、1997年からピクテの投資信託業務を開始しました。
ピクテは、現在、日本国内の証券会社や銀行など80社ほどを通して、投資信託商品を販売しています。

 


 

お探しの情報はありましたか?

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド関連ページ

グローバルソブリン
投資信託は数多くありますが、最近、最も人気が高く、純資産残高もトップを記録し続けているのが、「グローバルソブリンオープン」です。
ハッピークローバー
投資信託の中にDIAM高格付インカムオープンという商品があります。愛称はハッピークローバーと呼ばれていて、銀行や証券会社、保険会社もこの商品を扱っています。
VISTAというファンド
VISTAはマザーファンドを通じて、主にベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコアルゼンチン)諸国の関連株式等に投資します。
ファンドオブファンズ
ファンドオブファンズとは「投資信託に投資する投資信託」という意味になります。その投資先の投資信託が株式や債権などに投資しているのです。