バランス型の投資信託は株式と債券に投資

バランス型の投資信託は株式と債券に投資

バランス型の投資信託は、株式と債券に対してバランスよく投資し、株式の収益性と債券の安全性、安定性という両方の良い所を生かすことを目的としたファンドです。

 

株式型より、リスクは少なく、債券型より収益性が期待できる投資信託といえるかもしれません。

 

投資信託協会の投資信託分類では、バランス型は約款上の株式組入限度が70%未満のファンドで、株式、公社債のバランス運用、或いは公社債中心の運用を行うものとするという規定があります。

 

国内バランス型と海外バランス型の種類

 

投資信託バランス型には、国内の株式と債券を混ぜて運用する国内バランス型と、海外の株式や債権まで投資対象にする海外バランス型の種類があります。

 

株式型はリターンが期待できる反面、リスクも高めになり、債権型は、リスクは低めですが、リターンは低めになります。バランス型はちょうどこの中間に位置します。

 

注意しなければいけない事項としては、同じバランス型の商品でも、それぞれ株式と債権の比率は異なっている為、投資信託の商品性にも違いが出てきます。その辺の違いを見極める事が必要になるでしょう。

 

バランス型は長い目で投資信託を考える人向き

 

バランス型は、その名の通り投資信託の中で最もリスク・リターンのバランスが良い型といえますので、結果を急がない、少々長い目で投資信託を考える人には向いていると思います。

 

ある程度のリターンでは満足できないが、リスクはなるべく抑えたいという人なら株式型のファンドを長期的に保有した方が良いかもしれません。

 

株式型のファンドは、個々の商品の運用方針や投資する対象、組み入れ銘柄をきちんと把握したうえで選ぶのが賢明といえます。


お探しの情報はありましたか?

バランス型投資信託は株式と債権に投資するファンド関連ページ

郵便局での投資信託
郵便局で投資信託が扱われるようになったので、今まで投資信託を購入したことのない人でも、関心を持つ人が増えてきました。
株式型・債券型投信
国内債権型投資信託とは国債、地方債、社債にくわえ、短期金融商品に投資する投資信託で、国内株式型投資信託とは、株式市場で取引される株式に投資するファンドです。
海外債券型投資信託
海外債権型の投資信託は、日本を含めた海外の市場で取引されている債権に投資する事で、幅広い収益を追求できる事を目的としたファンドです。
不動産投資信託
不動産投資信託は、集めた資金を不動産で運用し、不動産を売却や賃貸した時に得る収益を配当金として投資家に分配するものです。運用する不動産としては、主にオフィスビルや商業施設などがあります。
インド株の投資信託
中国株に続いてインド株が注目され始めました。それが投資信託としてもインド株が注目されています。
ベトナム投資信託
ベトナム投資信託は、WTOへの加盟もあって、注目を集めるようになっています。