不動産投資信託には「会社型」と「契約型」の2種類

2つある不動産投資信託

会社型不動産投資信託

 

会社型不動産投資信託は、投資家から集めた資金によって投資を行う事を目的とした投資法人を設立し、投資は投資法人を通して行います。

 

その投資法人は、価格・数量・銘柄注文期間などを指定した投資口を発行して、資金を調達します。

 

利益が出たら、投資法人から投資口数に応じて、投資家は分配金として受け取ります。また、投資主総会における議決権も投資口数に応じて与えられます。

 

契約型不動産投資信託

 

次に契約型不動産投資信託ですが、信託銀行の信託勘定を利用した投資信託です。

 

契約型不動産投資信託には、投資信託委託業者が運用の指図する委託者指示型と、信託銀行が独自の判断で運用する委託者非指示型があります。

 

日米とも「会社型」が多く使われている

 

現在、日米とも「会社型」が多く使われています。

 

一般的に、不動産投資信託の投資口は公募されて、証券取引所に上場される事になります。それは高い流動性を備える事が出来るからです。

 

投資口を購入するには、証券会社を通じて証券取引所に買い注文を出す事になります。2001年3月には東京証券取引所に不動産投資信託市場が開設されました。 大阪証券取引所や名古屋証券取引所、また店頭でも市場開設が検討されているようです。


不動産投資信託のメリット・デメリット

【不動産投資信託のメリット】

 

不動産投資信託の最大のメリットは、証券取引所に上場しており、証券会社を通じてリアルタイムで売買できることです。株式と同じように指し値注文も成り行き注文も可能です。

 

投資信託全般にいえることですが、多くの投資家の資金をひとつにまとめて投資する事がメリットで、不動産投資信託でも、少額のお金で、色々な株式や債券に投資することができるのです。ですから、普通の投資信託となんら変わることがないのです。

 

投資信託は原則として、投資家が望む時はいつでも、その時の時価で換金することができます。株式や債券への直接投資は、買い手がいなければ売却できないのですが、投資信託はファンドが必ず買戻しを保証していますから、換金性は高いという事になります。

 

【不動産投資信託のデメリット】

 

不動産投資信託・通常の投資信託にしても、元本保証ではありません。リスクはつきものなのです。投資信託の運用成績は市場環境等によって変動するため、運用によって生じた損益は投資家が受け取れるのです。

 

つまり、投資信託の運用が上手くいけば、収益を得ることができるのですが、一方で運用が上手くいかなければ、元本割れすることがあります。投資信託は、運用の自己責任が求められるのが原則なのです。不動産投資信託もそのひとつになります。

 

【リスクの低さ】

 

不動産株式投資信託・他の投資信託にもデメリットはあるといっても、小額で銘柄を分散して投資する事が出来る事や、買戻しを保証しているという点などをとっても、不動産株式投資信託や他の投資信託は、株式投資と比較してリスクは少ないと思うのです。

お探しの情報はありましたか?

不動産投資信託は収益を配当金として分配関連ページ

郵便局での投資信託
郵便局で投資信託が扱われるようになったので、今まで投資信託を購入したことのない人でも、関心を持つ人が増えてきました。
株式型・債券型投信
国内債権型投資信託とは国債、地方債、社債にくわえ、短期金融商品に投資する投資信託で、国内株式型投資信託とは、株式市場で取引される株式に投資するファンドです。
海外債券型投資信託
海外債権型の投資信託は、日本を含めた海外の市場で取引されている債権に投資する事で、幅広い収益を追求できる事を目的としたファンドです。
バランス型投信のメリット
バランス型の投資信託は株式と債権に対してバランスよく投資し、株式の収益性と債権の安全性、安定性という両方の良い所を生かすことを目的としたファンドです。
インド株の投資信託
中国株に続いてインド株が注目され始めました。それが投資信託としてもインド株が注目されています。
ベトナム投資信託
ベトナム投資信託は、WTOへの加盟もあって、注目を集めるようになっています。