海外債券型投資信託は為替の差益にも期待

海外債券型の投資信託は海外の市場で取引されている債券に投資

海外債券型の投資信託は、日本を含めた海外の市場で取引されている債券に投資する事で、幅広い収益を追求できる事を目的としたファンドです。

 

ある国の債券市場が悪くなっても、他の国の債券で補う事が出来る事から、分散投資の効果がかなり高いのです。

 

海外債券型の投資信託は、株式に投資するタイプのファンドよりも安定的な成果が見込める事が期待できるといえるでしょう。

 

このファンドタイプでは、5〜10%の利回りを目標にしていて、その分リスクを低く設定します。

 

国債、地方債、社債、短期金融商品に投資

 

海外債権型の投資信託は、国内債権型の投資信託と同じで、国が発行する国債や、地方自冶体が発行する地方債、企業が発行する社債にくわえ、短期金融商品に投資する投資信託です。外国の債権の方が日本の債権より利回りが良いケースが多いようです。

 

為替の差益も期待

 

また海外の市場に投資する事で為替の差益も期待できるでしょう。注意すべき点は、海外の債権はバリエーションが豊富で、その分いろいろな企業が発行しているという事もあり、危ない企業が紛れ込んでいる場合があります。危ない企業とは倒産リスクが高い会社です。

 

基本的には、安定収益を追求する人に向いているのかもしれませんが、場合によっては、かなり高いリスクがある場合があるという事を考えておかなければいけないでしょう。

 

選択した投資信託が何に投資しているか、投資対象を細かくチェックする事が、投資を行っていく際に重要なポイントになります。


お探しの情報はありましたか?

海外債券型投資信託のメリット・デメリット関連ページ

郵便局での投資信託
郵便局で投資信託が扱われるようになったので、今まで投資信託を購入したことのない人でも、関心を持つ人が増えてきました。
株式型・債券型投信
国内債権型投資信託とは国債、地方債、社債にくわえ、短期金融商品に投資する投資信託で、国内株式型投資信託とは、株式市場で取引される株式に投資するファンドです。
バランス型投信のメリット
バランス型の投資信託は株式と債権に対してバランスよく投資し、株式の収益性と債権の安全性、安定性という両方の良い所を生かすことを目的としたファンドです。
不動産投資信託
不動産投資信託は、集めた資金を不動産で運用し、不動産を売却や賃貸した時に得る収益を配当金として投資家に分配するものです。運用する不動産としては、主にオフィスビルや商業施設などがあります。
インド株の投資信託
中国株に続いてインド株が注目され始めました。それが投資信託としてもインド株が注目されています。
ベトナム投資信託
ベトナム投資信託は、WTOへの加盟もあって、注目を集めるようになっています。