インド株が人気を集めている理由

インド株投資信託

投資信託のなかでも、海外投資信託を購入する人も多く、中でも有名なのは、中国、ブラジル、ロシア、ベトナム、南アフリカ、インドです。

 

インド株について、投資信託に興味がある人は、必ず耳にしたことがあると思います。中国株に続いて、インド株が注目され始めてからしばらく経ちますが、まだまだインドの潜在能力は計り知れません。

 

インド株が人気を集めている理由としては、以下のことが考えられます。

 

  • 人口が多い(10億人)
  • 若年労働力が多い。(今後も人口増加に期待)
  • ITが発達している。(アメリカからのアウトソーシングによってITが発達)
  • G7へオブザーバーとして参加している。(世界経済の中心へ近づいている)
  • 中東に近く、原油の調達が簡単にできる。
  • インフラの未発達。(IT産業で得た収入で経済が発達する可能性ある)

 

インド株ファンドで代表的なのは、PCAインド株式オープン、HSBCインドオープン、ドイチェ・インド株ファンド等です。利便性が高く、常に購入可能です。


インド株投資と中国株投資

インド株投資と中国株投資は、投資信託の中でも人気が高まってきています。

 

中国株投資の方が残高が一定の基準を保ち、インド株投資は4ケ月程で急増しているとの記事が、日本経済新聞や日経金融新聞などでありました。

 

現在、投資信託の勢いは中国株投資よりインド株投資の方がありそうです。

 

中国株への投資は、さまざまな証券会社から直接行う事が出来ます。しかし、インド株への投資は現状直接行う事が出来ません。ADRによる投資などの選択肢は確実に増えてきていますが、インド株は投資信託頼みが、もう少し続きそうです。

 

それでもインド株投資を扱う証券会社も続々と増えて来ています。

 

「野村がインド株投資に305億円」という記事もあり、JFインド株ファンドは設定額305億3893万円で、インド株投資の残高が国内最大になったそうです。
投資信託も、インド株投資の勢いはまだ続きそうです。

 

インド株へ投資する際の証券会社の選び方の観点は、投資対象を投資にするか、ADRにするかという点と、どんな投資を選ぶか、その他の金融商品をどれにするかという点です。

 

投資信託に組み入れられる、他の金融商品とは、例えばインド株以外に日本株を少し投資するなどの事です。

 

投資信託の種類としては、インド共和国の証券取引所に上場している株式を主要投資対象としているHSBCインド株オープンや約90%をインド株、残りの10%を日本の債権に投資するPCAインド株式オープン他、いろいろな種類があります。

お探しの情報はありましたか?

インド株投資信託ファンドの可能性関連ページ

郵便局での投資信託
郵便局で投資信託が扱われるようになったので、今まで投資信託を購入したことのない人でも、関心を持つ人が増えてきました。
株式型・債券型投信
国内債権型投資信託とは国債、地方債、社債にくわえ、短期金融商品に投資する投資信託で、国内株式型投資信託とは、株式市場で取引される株式に投資するファンドです。
海外債券型投資信託
海外債権型の投資信託は、日本を含めた海外の市場で取引されている債権に投資する事で、幅広い収益を追求できる事を目的としたファンドです。
バランス型投信のメリット
バランス型の投資信託は株式と債権に対してバランスよく投資し、株式の収益性と債権の安全性、安定性という両方の良い所を生かすことを目的としたファンドです。
不動産投資信託
不動産投資信託は、集めた資金を不動産で運用し、不動産を売却や賃貸した時に得る収益を配当金として投資家に分配するものです。運用する不動産としては、主にオフィスビルや商業施設などがあります。
ベトナム投資信託
ベトナム投資信託は、WTOへの加盟もあって、注目を集めるようになっています。