べトナム国内の金融機関が外資と組んで投資ファンドを設立

グローバルソブリンオープン

ベトナムでは、現在、投資信託の資金を運用する投資ファンドが活発に動いています。

 

2005年下半期からべトナム国内の金融機関が外資と組んで投資ファンドを設立しました。 さらに、ベトナム国内最大手の保険会社バオベトは2005年11月に投資ファンド「バオベト・ファンド・マネジメント」を設立したほどです。

 

そして国営銀行のベトコムバンクは、シンガポール企業との合弁で2005年12月に同じく投資ファンド「ベト・キャピタル・マネジメント」を設立しています。

 

ベトナム証券投資ファンドVF1が証券取引所に上場

 

投資信託の銘柄のひとつに、ベトナム証券投資ファンドVF1が2004年11月よりホーチミン証券取引所に上場され、これが、一般の銘柄に混じって取引されています。

 

この投資信託は、発行額はかなり少ない金額ですが、3分の1を上場および非上場株式、3分の1を9.2%の利回りになる10-15年物の国債へ、残りは短期債券や現金を含む流動性の高い資産で運用します。

 

現在のベトナムの投資信託には、国内投資ファンドのように、国内社会の中から資本を発動するには実績が少なく、扱う金融機関もないようです。

 

一方、海外の投資家から見ると、ベトナムは投資信託の対象として注目度は高いようです。各ファンド管理会社は、ベトナムがいずれ東南アジア屈指の経済地域になると考えています。

 

しかし、現在のところ、ベトナムの証券市場は極端に小さく、証券取引市場全体に関する情報も不足しているので、投資会社は、上場企業以外にも投資をする目的や、現地に事務所を設立して、市場を分析しながら投資しています。


ベトナム投資信託は複数のベトナム株に分散投資

ベトナム投資信託は、WTOへの加盟もあり、注目を集めました。

 

ベトナムは、人口の多さと、人件費の安さから、外国の企業が進出する要素はあったのですが、政治が安定せず、発展が遅れていました。今は政治も安定してきており、外資も入ってきています。

 

また、国内の政権が経済に力をいれ、インフラ整備を進めていることが、個人投資家を中心に、ベトナム投資信託に人気が高まっている原因のようです。

 

ベトナム投資信託は、複数のベトナム株に分散投資をするということになります。

 

ベトナム投資信託の2つの市場と3種類の投資タイミング

 

2つの市場とは、ハノイ証券取引所ホーチミン証券取引所です。ホーチミン証券取引所のほうが大きいですが、それでも東京証券取引所の1000分の1ほどで、取引方法は、1日3回の値決め式です。

 

ハノイ証券取引所の取引方式は、ザラ場方式といって、出会い注文方式ですが、取引量はとても少ないです。

 

投資のタイミングの3つ

 

  1. 上場株を買う。
  2. OTC銘柄を買う。
  3. IPOに参加する。

 

ベトナム株を買うには、ベトナムの証券会社に口座を開設する必要があります。

お探しの情報はありましたか?

ベトナム投資信託は個人投資家に人気が高い関連ページ

郵便局での投資信託
郵便局で投資信託が扱われるようになったので、今まで投資信託を購入したことのない人でも、関心を持つ人が増えてきました。
株式型・債券型投信
国内債権型投資信託とは国債、地方債、社債にくわえ、短期金融商品に投資する投資信託で、国内株式型投資信託とは、株式市場で取引される株式に投資するファンドです。
海外債券型投資信託
海外債権型の投資信託は、日本を含めた海外の市場で取引されている債権に投資する事で、幅広い収益を追求できる事を目的としたファンドです。
バランス型投信のメリット
バランス型の投資信託は株式と債権に対してバランスよく投資し、株式の収益性と債権の安全性、安定性という両方の良い所を生かすことを目的としたファンドです。
不動産投資信託
不動産投資信託は、集めた資金を不動産で運用し、不動産を売却や賃貸した時に得る収益を配当金として投資家に分配するものです。運用する不動産としては、主にオフィスビルや商業施設などがあります。
インド株の投資信託
中国株に続いてインド株が注目され始めました。それが投資信託としてもインド株が注目されています。