国内株式型投資信託のメリット・デメリット

国内株式型・国内債券型投資信託

投資信託の中で、国内株式型のファンドタイプは、東証1部、東証2部、店頭市場など、日本国内にいくつかある株式市場で取引されている株式に投資して、その値上がり益を追及しようとする事を目的としたファンドです。

 

組み入れる株式の中には、複数の市場に幅広く投資する商品もあれば、特定の市場や業種に絞ったものもあり、それぞれリスクとリターンの度合いも少々異なってきます。

 

株式型のファンドは、個々の商品の運用方針や投資する対象、組み入れ銘柄をきちんと把握したうえで選ぶのが賢明です。

 

株式型投信は短期的には大きな値上り!、でも大幅に値下がりするリスク

 

株式は市場全体の動向や個々の企業の業績などの影響を受ける為、短期的に考えると大きな値上がりが期待できますが、大幅に値下がりするリスクもあります。

 

しかし長期保有を考えれば株式のリターンも安定化する傾向があるので、一時的な値動きに動じる事なく時間をかけて運用する事が重要です。

 

投資信託の商品によっては、ハイリスク・ハイリターン(値上がり・値下がりが激しい)のものもある事から、国内株式型の投資信託は、資金に余裕のある人に向いているのではないでしょうか。

 

できれば最低5年以上保有する事が理想です。

 

一般的に投資信託は長期で継続的な投資が有利といわれています。若いうちから老後に向けて蓄えを始めようと考えている人や5年位先にマイホーム等の高い買い物を購入しようとお金を貯めている人には特に向いています。

 

まとまった資金がなければ、少しずつ積立投資で投資信託を購入する方法も考えられます。


国内債券型の投資信託のメリット・デメリット

国内債券型の投資信託は、国が発行する国債や、地方自冶体が発行する地方債、企業が発行する社債にくわえ、短期金融商品に投資する投資信託です。

 

債券は借用証書のようなものですから、債権購入者は、発行者に対してお金を貸した事と同じになります。
債券の発行者は期間内に借りたお金を返済し、それに対して利息を支払う事を約束します。

 

発行者がお金が払えなくなる状態にならない限り、預貯金と同じように元本の返済と利息の支払いが約束されてるという事になります。

 

国内債券型の投資信託は、この方法を取り入れ、債券を組み入れて、安定的な利回りで収益を得るという目的で作られました。

 

債券の中でも安全性が高いMMFや短期公社債投信

 

債券のタイプで、特に安全性が高い運用が行われているファンドが、MMFや短期公社債投信などが挙げられます。債券は株式と比べて、価格変動のブレが小さく、安定しているので、これに投資するファンドの運用実績も、株式型に比べると安定しています。

 

その代わり債券の利息による収入や値上がり幅は、株式の配当、値上がり幅と比べれば、かなり見劣りするでしょう。しかし、現在では銀行預金より利率で比べればいいのです。

 

投資の運用が安定しているのを一番に考える人は、投資信託の中でもMMFや短期公社債投信のファンドが向いているのではないでしょうか。

お探しの情報はありましたか?

国内株式型・国内債権型投資信託のメリット・デメリット関連ページ

郵便局での投資信託
郵便局で投資信託が扱われるようになったので、今まで投資信託を購入したことのない人でも、関心を持つ人が増えてきました。
海外債券型投資信託
海外債権型の投資信託は、日本を含めた海外の市場で取引されている債権に投資する事で、幅広い収益を追求できる事を目的としたファンドです。
バランス型投信のメリット
バランス型の投資信託は株式と債権に対してバランスよく投資し、株式の収益性と債権の安全性、安定性という両方の良い所を生かすことを目的としたファンドです。
不動産投資信託
不動産投資信託は、集めた資金を不動産で運用し、不動産を売却や賃貸した時に得る収益を配当金として投資家に分配するものです。運用する不動産としては、主にオフィスビルや商業施設などがあります。
インド株の投資信託
中国株に続いてインド株が注目され始めました。それが投資信託としてもインド株が注目されています。
ベトナム投資信託
ベトナム投資信託は、WTOへの加盟もあって、注目を集めるようになっています。