投資信託の流れ

 

商品ファンド

 

投資信託の流れは以下のようになります。

 

投資家から資金を収集
      ↓
集められた資金を1つにまとめファンドが組成
      ↓
ファンドマネージャー(投資のプロ)が債券や株式などで運用
      ↓
運用成果に応じて投資家に収益が還元

 

投資信託と預貯金の違い

 

1.普通の預貯金と違って、元本が保証されている金融商品ではない。
  (うまく運用できなかった場合は、元本割れする可能性がある)

 

2.投資信託は、預金保険制度の対象外。
(預金のように1千万円まで保証されるなどない)

 

3.投資信託の収益は、公平に投資家に還元。
(購入した口数によって。また運用費用は別途)

 

4.投資信託を購入するときや解約するときに手数料がかかるものがある。

 

5.投資信託の運用成果によって収益が変動。

 

投資信託の運用成果の還元方法ですが、分配金をして投資した額の割合に応じて還元するか、または基準価格に上乗せされる形や、口数の分割といった形でなされます。 つまり、利益支払い型か、積み立て型かという区分けです。

 

 


 

投資信託とは投資のプロが債券や株式などに分散投資を行う記事一覧

投資信託は多数の投資家が資産運用会社に資金を預けて、資産運用会社がその資金を株式や債券に投資します。投資信託の運用によって得られた利益を投資家に分配するという仕組みになっています。昨今では、銀行への預貯金は低金利なので、投資信託が資産運用方法として注目を集めるようになっているのです。投資信託の特徴少ない額からスタートすることができる株式などに直接投資するにはある程度大きな資金が必要です。その点、投...

現在、日本の投資信託のほとんどが契約型の公募投資信託です。その税制は収益分配金および償還金のうちの元本超過額に対して、20%の源泉分離課税が行われます。税額は販売会社が収益分配金や償還金を支払うときに徴収して税務署に納税しますので、自分で申告したりする必要はありません。投資信託を解約する場合は、解約価額の元本超過額に対して20%が税金として源泉徴収されます。20%の源泉徴収が投資信託の税制の基本で...

人によってさまざまな人生の目的があります。「老後の蓄えにしたい」「新居購入資金にしたい」「結婚のための資金にしたい」「自分のおこづかいを増やしたい」これら目的をかなえるために、今、資産運用の方法として投資信託が人気を集めています。以前は証券会社でなくては買えなかった投資信託が、今では銀行、保険会社、そして郵便局でも買えるようになったので、より身近に感じられるようになったからかもしれません。運用をプ...

投資信託は、ますます多様化してきています。以下の分類があります。 【投資信託の運用方法】1.アクティブファンド運用会社が積極的にリサーチをし、より成長が期待できる銘柄を選びます。2.インデックスファンド東証株価指数(TOPIX)や、日経平均株価などの株式指数に連動するように運用されます。 【投資信託の購入方法】1.単位型(ユニット)毎月同じタイプのファンドが定期的に募集され、運用されます。2.追加...

投資信託は、預貯金と違い、リスクがあり、必ずしもお金が増えるというものではなく、減る可能性もあるというものです。いちばん大事なことは、リスクが高いものに対しては、余裕のあるお金で投資をする事です。安定性を第一に考えたい生活資金のようなものを、高いリスクをとって高い収益を狙う投資につぎこむのは危険です。これは投資信託だけではありません。投資全般に言えることです。用途が決まっているお金はリスクが低めの...

投資信託が最近注目されていますが、どのようにして購入したらいいのかわからない人も多いと思います。投資信託の購入方法について紹介しようと思います。 【投資信託の購入する場所】投資信託は、1998年までは証券会社でないと買えませんでした。しかし、1998年12月1日より、銀行などでの金融機関での販売が可能になり、今では証券会社、銀行、郵便局、保険会社といった様々な場所での購入が可能になっています。 【...

投資信託をしていて、それを解約・換金したいときは、いつでも出来ます。投資信託を換金する場合には、買取請求と解約請求があって、換金方法によって、課税方法が変わってきます。 【換金方法】投資信託の換金方法も2つあります。1.投資家が販売会社に証券の買取りを請求することによって、投資信託を換金する買取請求2.販売会社を通じて、投資信託委託会社に、信託財産の一部取り崩しを請求(解約請求)これら違いによって...