投資信託の4つのリスク

投資信託は4つのリスクがある

人によってさまざまな人生の目的があります。

 

「老後の蓄えにしたい」
「新居購入資金にしたい」
「結婚のための資金にしたい」
「自分のおこづかいを増やしたい」

 

これら目的をかなえるために、今、資産運用の方法として投資信託が人気を集めています。

 

以前は証券会社でなくては買えなかった投資信託が、今では銀行、保険会社、そして郵便局でも買えるようになったので、より身近に感じられるようになったからかもしれません。

 

運用をプロのファンドマネジャーに任せられることや、少額からでも投資できることなどが注目され、投資信託は初心者でも簡単に購入できるイメージがあります。

 

投資信託のリスク

 

しかし、初心者だからこそ、頭に入れておきたいのは投資信託のリスクについてです。リスクとは「危険」を意味するのではなく、儲けの不確実性・儲けのブレ幅のことです。リクスとリターンは正比例するようになっています。

 

1.価格変動リスク

 

株式や債券の価格は毎日変動します。それにともなって、投資信託の基準価額も変動。

 

2.金利変動リスク

 

債券は市場金利が上がれば価格が下がり、金利が下がれば価格が上がるという特徴。金利の変動は債券に投資する投資信託の基準価額に影響。

 

3.為替変動リスク

 

海外投資信託を買ったとき、基準価額は円で評価するため、円高が進めば為替差損が、円安が進めば為替差益が生じる。

 

4.信用リスク

 

投資先が破綻してしまった場合、資金を回収できないこともある。

 

自分の目的やリスク許容度に合った資産運用を

 

これらのリスクは投資先によって違います。投資信託を購入する時は、そのファンドが何に影響を受けやすいのかを考える必要があります。適切な知識を身につけて、自分の目的やリスク許容度に合った資産運用をしたいですね。

 


お探しの情報はありましたか?

投資信託には4つのリスクがある関連ページ

投資信託の特徴と分配金
長引く低金利などから、資産運用への関心が高くなってきています。 そこで注目されているのが投資信託です。 投資信託とは、うまく運用することができれば、預貯金以上の利益が得られますが、運用がうまくいかなければ元本割れすることもあります。
投資信託の税金
現在、日本の投資信託のほとんどが契約型の公募投資信託です。その税制は収益分配金および償還金のうちの元本超過額に対して、20%の源泉分離課税が行われます。
投資信託の分類
投資信託は、ますます多様化してきています。運用方法や分配方法、購入方法、投資対象などに分類できます。
投資信託の選び方
投資信託の選び方は、投資信託のリスクを考えて、安定性と収益性のバランスを考えて選ぶ必要があると思います。
投資信託の購入方法
長引く低金利などから、資産運用への関心が高くなってきています。 そこで注目されているのが投資信託です。 投資信託とは、うまく運用することができれば、預貯金以上の利益が得られますが、運用がうまくいかなければ元本割れすることもあります。
換金・解約・買取・償還
投資信託をしていて、それを解約・換金したいときは、いつでも出来ます。投資信託を換金する場合には、買取請求と解約請求があって、換金方法によって、課税方法が変わってきます。