投資信託の分類を理解しよう

投資信託の運用方法

投資信託は、ますます多様化してきています。以下の分類があります。

 

【投資信託の運用方法】

 

1.アクティブファンド

運用会社が積極的にリサーチをし、より成長が期待できる銘柄を選びます。

 

2.インデックスファンド

東証株価指数(TOPIX)や、日経平均株価などの株式指数に連動するように運用されます。

 

【投資信託の購入方法】

 

1.単位型(ユニット)

毎月同じタイプのファンドが定期的に募集され、運用されます。

 

2.追加型(オープン)

募集期間がきまっておらず、いつでも売買できます。運用開始後も購入できます。

 

【投資信託の分配方法】

 

1.分配型

決算後ごとに収益分配金が支払われます。

 

2.無分配型

満期になったり、投資家が中途換金するときに分配金が一括で支払われます。

 

【投資信託の設定場所】

 

1.国内投資信託

国内で設定された投資信託のこと。

 

2.海外投資信託

外国で設定された投資信託のこと。

 

*日本株に投資しても、外国で設定されたものであれば外国投資信託です。

 

【投資信託の投資対象】

 

1.株式投資信託

株式の組み入れが認められているもののこと。

 

2.公社債投資信託

運用対象が国債、社債などで運用されるもののこと。

 

投資信託を購入する際は、分類を学んだ上で、購入するのがよいでしょう。


お探しの情報はありましたか?

投資信託の運用・分配・投資対象などの分類関連ページ

投資信託の特徴と分配金
長引く低金利などから、資産運用への関心が高くなってきています。 そこで注目されているのが投資信託です。 投資信託とは、うまく運用することができれば、預貯金以上の利益が得られますが、運用がうまくいかなければ元本割れすることもあります。
投資信託の税金
現在、日本の投資信託のほとんどが契約型の公募投資信託です。その税制は収益分配金および償還金のうちの元本超過額に対して、20%の源泉分離課税が行われます。
投資信託のリスク
投資信託のリスクは、価格変動リスク・金利変動リスク・為替変動リスク・信用リスクの4つのリスクがあります。
投資信託の選び方
投資信託の選び方は、投資信託のリスクを考えて、安定性と収益性のバランスを考えて選ぶ必要があると思います。
投資信託の購入方法
長引く低金利などから、資産運用への関心が高くなってきています。 そこで注目されているのが投資信託です。 投資信託とは、うまく運用することができれば、預貯金以上の利益が得られますが、運用がうまくいかなければ元本割れすることもあります。
換金・解約・買取・償還
投資信託をしていて、それを解約・換金したいときは、いつでも出来ます。投資信託を換金する場合には、買取請求と解約請求があって、換金方法によって、課税方法が変わってきます。