投資信託の選ぶときはリスクを考えて

投資信託は預貯金と違いリスクがある

投資信託は、預貯金と違い、リスクがあり、必ずしもお金が増えるというものではなく、減る可能性もあるというものです。

 

いちばん大事なことは、リスクが高いものに対しては、余裕のあるお金で投資をする事です。

 

安定性を第一に考えたい生活資金のようなものを、高いリスクをとって高い収益を狙う投資につぎこむのは危険です。これは投資信託だけではありません。投資全般に言えることです。

 

用途が決まっているお金はリスクが低めのもの、長期で運用できるものは少しリスクが高めのものへ投資するというのが一般的です。

 

投資信託のリスクを考えて、安定性と収益性のバランスを考えて選ぶ必要があると思います。

 

高い収益の期待は少なく安定的なファンドを選ぶ

 

投資信託の選び方のコツとしては、まず高いリスクで高い収益を目指すのか、高い収益の期待は少なく安定的なファンドを選ぶのかを考えます。

 

そしてそのファンドは何に投資しているのか、国内型か海外型か、運用スタイルも含めて、ファンドの特色を把握しておきます。

 

投資信託の運用期間が決められているか、無期限なのかなどの確認や投資家が負担する手数料および税金の金額のチェックも重要なポイントです。

 

海外の投資信託は円高、円安が基準価格に影響

 

海外の投資信託の時は、円高、円安が基準価格に影響するので、その辺も考えておきましょう。

 

収益分配金が投資家に直接支払われるものなのか、自動的に再投資に回されるものなのか把握しておく必要があります。

 

以上の事を踏まえて投資信託を選ぶ必要があるでしょう。


お探しの情報はありましたか?

投資信託はリスクを考慮してバランスを考えて選ぶ関連ページ

投資信託の特徴と分配金
長引く低金利などから、資産運用への関心が高くなってきています。 そこで注目されているのが投資信託です。 投資信託とは、うまく運用することができれば、預貯金以上の利益が得られますが、運用がうまくいかなければ元本割れすることもあります。
投資信託の税金
現在、日本の投資信託のほとんどが契約型の公募投資信託です。その税制は収益分配金および償還金のうちの元本超過額に対して、20%の源泉分離課税が行われます。
投資信託のリスク
投資信託のリスクは、価格変動リスク・金利変動リスク・為替変動リスク・信用リスクの4つのリスクがあります。
投資信託の分類
投資信託は、ますます多様化してきています。運用方法や分配方法、購入方法、投資対象などに分類できます。
投資信託の購入方法
長引く低金利などから、資産運用への関心が高くなってきています。 そこで注目されているのが投資信託です。 投資信託とは、うまく運用することができれば、預貯金以上の利益が得られますが、運用がうまくいかなければ元本割れすることもあります。
換金・解約・買取・償還
投資信託をしていて、それを解約・換金したいときは、いつでも出来ます。投資信託を換金する場合には、買取請求と解約請求があって、換金方法によって、課税方法が変わってきます。