口座開設までの流れ

投資信託の購入する場所

投資信託が最近注目されていますが、どのようにして購入したらいいのかわからない人も多いと思います。

 

投資信託の購入方法について紹介しようと思います。


【投資信託の購入する場所】

 

投資信託は、1998年までは証券会社でないと買えませんでした。
しかし、1998年12月1日より、銀行などでの金融機関での販売が可能になり、今では証券会社、銀行、郵便局、保険会社といった様々な場所での購入が可能になっています。

 

【投資信託はいくらから買える?】

 

投資信託は通常1口1円で、一万個あたりの金額を基準価格と呼びます。たいてい1万円からの購入が可能です。

 

【投資信託の口座開設】

 

投資信託を行うには、口座を開く必要があります。 投資信託は株と違って、金融機関によって取り扱う投資信託が違います。

 

自分の持っている口座の証券会社が、自分が欲しい投資信託を売り出していなかったとしたら、その投資信託は購入できません。

 

〔口座開設までの流れ〕

 

資料請求
   ↓
口座開設申し込み書が届く
   ↓
必要事項を書いて返送
   ↓
口座開設通知書が届く
   ↓
取引開始

 

【投資信託の手数料】

 

投資信託には2種類の手数料がかかり、販売手数料と信託報酬です。販売手数料は投資信託を購入する窓口(銀行、郵便局、証券会社など)に支払う手数料です。窓口によって手数料は異なります。

 

信託報酬は運用を代行しているファンドマネジャーと資産管理をしてくれる信託銀行に支払う手数料です。信託報酬は基準価格から毎日すこしずつ差し引かれます


お探しの情報はありましたか?

投資信託の購入方法として口座を開く関連ページ

投資信託の特徴と分配金
長引く低金利などから、資産運用への関心が高くなってきています。 そこで注目されているのが投資信託です。 投資信託とは、うまく運用することができれば、預貯金以上の利益が得られますが、運用がうまくいかなければ元本割れすることもあります。
投資信託の税金
現在、日本の投資信託のほとんどが契約型の公募投資信託です。その税制は収益分配金および償還金のうちの元本超過額に対して、20%の源泉分離課税が行われます。
投資信託のリスク
投資信託のリスクは、価格変動リスク・金利変動リスク・為替変動リスク・信用リスクの4つのリスクがあります。
投資信託の分類
投資信託は、ますます多様化してきています。運用方法や分配方法、購入方法、投資対象などに分類できます。
投資信託の選び方
投資信託の選び方は、投資信託のリスクを考えて、安定性と収益性のバランスを考えて選ぶ必要があると思います。
換金・解約・買取・償還
投資信託をしていて、それを解約・換金したいときは、いつでも出来ます。投資信託を換金する場合には、買取請求と解約請求があって、換金方法によって、課税方法が変わってきます。